2005.11.6 アップロード
晩秋の軽井沢と北軽井沢   2005.11.1〜3
花を訪ねて目次へ

今年の紅葉は、各地とも1週間から10日位の遅れで見頃を迎えた様です。
一昨年、今回と同じように軽井沢から北軽井沢の紅葉を見に行きましたが、天気に恵ま
れず、雨に濡れた紅葉を見ることになってしまいました。
今回も予定を立ててから天候が安定せず、少し遅い紅葉見物となりました。

前回は雨の降る中で見た軽井沢の雲場池は、今回は絶対に晴天の日にと考えていまし
たら、私の願いが天に届いたのでしょうか、雲一つない快晴の日に恵まれました。
しかし、日程が遅れたために雲場池の紅葉は丁度見頃を迎えていましたが、標高の高い
北軽井沢や嬬恋村は、赤いカエデの紅葉は殆ど終わっていて、雑木の黄色やカラマツの
黄葉が最盛期を迎えていました。 赤い紅葉も良いですが、カラマツや雑木の黄葉も素晴
らしい眺めです。

今回は3日間ほぼ晴天で、帰りの高速道路に乗ってからポツポツと降り出し、最高の天
気に恵まれたと感謝しています。
下に各地の写真を載せましたのでご覧下さい。

下の写真をクリックすると、別ウインドウで640X480ピクセルの写真がご覧になれます。
そして見終わった写真は、ブラウザので閉じてください。
別ウインドウの写真は左上に表示される方が見やすいと思いますが、他の位置に表示
される場合は、設定を少し直されると左上に表示されます。 設定方法をご覧ください。

雲場池 雲場池 雲場池
---雲場池---

雲場池は軽井沢の別荘地内にある小さな池ですが、周囲はカエデが紅葉していて
1キロメートル位の遊歩道が周りを巡っています。 池に写る赤やオレンジが何とも
言えない美しさを見せてくれました。

雲場池 雲場池 六里ヶ原付近
---雲場池--- 六里ヶ原付近

パノラマライン南ルート パノラマライン種苗管理センター付近 パノラマライン種苗管理センター付近
パノラマライン南ルート ---パノラマライン種苗管理センター付近---

パノラマラインはキャベツ畑の中を通る2車線の広い農道ですが、今の時期はキャベツの
収穫は全部終わり、畑が耕されて真っ黒な土が表面に出ていました。
土を見ただけで、瑞々しく美味しい高原キャベツの味を想像させられます。
一昨年来た時は、種苗管理センター近くのカエデが真っ赤に紅葉していましたが、今回は
殆ど散って枯れ枝と成っていました。しかし、今年は浅間山の噴煙が多いので、枯れ枝の
間から見る浅間山は、更に趣がありす。

パノラマライン種苗管理センター付近 パノラマライン種苗管理センター付近 パノラマライン種苗管理センター付近
---パノラマライン種苗管理センター付近---

パノラマライン種苗管理センター付近 パノラマライン北ルート パノラマライン北ルート
種苗管理センター付近 ---パノラマライン北ルート---

パノラマライン北ルートからは、傾斜地に広大な高原野菜畑が見られ、誰かが北海道の
景色をイメージさせられると言っていましたが、確かに時間が経つのを忘れる位、何時ま
でも眺めていたい景色です。

バラギ湖 バラギ湖 バラギ湖
---バラギ湖---

今の時期は誰もいない静かなバラギ湖ですが、周囲にはキャンプ場などの施設が
ありますので、夏の時期は若い人たちで賑わうことでしょう。
前回来た時は、ツツジの葉が真っ赤に紅葉していましたが、今回は殆ど葉が無く
白樺も木の上の方に葉が残っている程度でした。

浅間ロイヤルパーク内 浅間ロイヤルパーク内 二度上峠
---浅間ロイヤルパーク内--- 二度上峠

別荘地内の雑木の黄葉、カエデの黄色い黄葉、どちらも落ち着きのある景色を見せて
くれました。 特に敷き詰められた雑木の落ち葉は、素晴らしい眺めです。

二度上峠からは、一面真っ黄色に染まったカラマツの黄葉が見られ、一番いい時期に
来たかなと嬉しくなりました。 浅間山の眺望も良い場所ですが、今回は風向きの関係
で、霞んで見えたのが残念です。

二度上峠 二度上峠 二度上峠より倉渕村へ
---二度上峠--- 二度上峠より倉渕村へ

二度上峠より倉渕村へ 白糸の滝 白糸の滝
二度上峠より倉渕村へ ---白糸の滝---

白糸の滝も浅間大滝も周囲の紅葉はほぼ終わっていましたが、白糸の滝の水飛沫が
掛かる石には緑の苔が生え、浅間大滝周辺の岩には茶色の落ち葉が敷き詰められ、
両方とも素晴らしい風情を見せてくれました。

浅間大滝 浅間大滝付近 浅間大滝付近
浅間大滝 ---浅間大滝付近---


シラヤマギクの綿毛 マムシグサの実 ギボウシの種
シラヤマギクの綿毛 マムシグサの実 ギボウシの種

稔りの秋、色々な種や実も生っていました。 初めて見たギボウシの種も。




ペンション夢紀行 今回は浅間大滝近くの「ペンション夢紀行」にお世話になりました。
料理に自信を持つオーナー、そして独身時代は旅が好きで、北海道
等を飛び回っていた奥様、旅人の気持ちになっての気配りは、安らぎ
を感じます。
先代オーナーのご両親もお元気で、親切にお客様の応対をしてられ
るのも嬉しい配慮です。
「ペンション夢紀行」の詳しい情報は、ホームページをご覧下さい。




花を訪ねて目次へ



inserted by FC2 system